シェアサイクル利用について

Bicycle Sharing

運営ブランド「ダイチャリ」

「ダイチャリ」は、「暮らしをつなぐ1ピース~移動を楽しく、快適に~」をキャッチコピーに、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府を中心に展開しており、駅やコンビニエンスストア、公共施設、商業施設など、ステーションがあればどこでも貸し出し・返却可能です。

通勤・通学や普段のお買い物、日常のちょっとした移動など様々なシーンで気軽に自転車をレンタルすることができ、2020年4月の緊急事態宣言以降は3密を回避する移動手段としても注目を集めています。

各ステーションに駐輪できる台数にはそれぞれ上限があります。

ダイチャリの特徴

01 Service Point いつでも、どこでも、気軽に使える

スマートフォンアプリやパソコンで無料で会員登録でき、70円/15分で必要な時だけ気軽に使うことができます。シェアサイクルなので借りたステーションへ返却する必要もありません。

上限1,000円(12時間まで、以降は再び70円/15分で課金されます)

ステーション数
1,855

2021年3月末時点

02 Area 国内最大級の運営エリアを展開

一都三県と大阪府を中心に様々なエリアで展開

  • 東京都:東京23区、府中市、調布市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、小平市、国立市、国分寺市
  • 千葉県:千葉市
  • 神奈川県:横浜市、川崎市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、逗子市、大磯町
  • 埼玉県:さいたま市、朝霞市、和光市、志木市、新座市、川口市、戸田市、蕨市
  • 大阪府:大阪市

2020年1月末時点、上記以外にも展開エリアは存在します。

03 Support 定期的なメンテナンスと再配置を実施

電動アシスト自転車のバッテリー交換や点検・修理、再配置、ステーションの清掃などのメンテナンスを定期的に高頻度で実施しています。また新型コロナウイルス対策としてメンテナンス時には消毒作業も行っています。

04 Convenience コンビニエンスストアやホテル、マンションなどに設置

様々な企業と業務提携をしており、コンビニエンスストアやスーパー、ショッピングセンター、ドラッグストアなどの商業施設へ便利にアクセス可能。またマンション・アパートやホテルなどとも協業しており、普段のお出かけから観光まで幅広く利用できます。

展開エリアのご紹介

Contact

シェアサイクル導⼊について詳しくご説明いたします